SSブログ

嬉野温泉 大正屋へ立寄り湯 [佐賀の温泉]

04112357.jpg
佐賀県・嬉野温泉へ出かけて、立ち寄り湯に「大正屋」を訪れました。嬉野温泉は江戸時代から長崎街道の宿場町として栄え、嬉野川沿いに大小の旅館が建っています。大正屋は温泉街に建つ老舗の旅館で、姉妹宿の湯宿清流大正屋椎葉山荘も利用したことがあります。
19081038.jpg
〈雰囲気の良いロビー〉
19081041.jpg
〈ショップ〉 大正屋を訪れる際はお土産品を見るのも楽しみ。ショップは2ヶ所設けられて、地元の銘茶「嬉野茶」や嬉野温泉名物「温泉湯どうふ」などが並ぶ売店と、有田焼きなど焼物を揃えたショップが別々の場所にあります。どちらも豊富な品揃えでお土産選びが楽しいですよ。
20191124_114558905_iOS.jpg
〈温泉湯どうふ〉 豆腐の原材料には嬉野市特産の大豆「ふくゆたか」が使われていて、ぐつぐつと煮込むほどに豆腐が溶け出してスープが白濁。とろ~りとしてまろやかな味わいです。持ち帰りや贈り物には温泉湯どうふセット・かご盛りセットもオススメです。
09120757.jpg05022059.jpg
〈大浴場〉 立ち寄り湯は四季の湯と名付けられた大浴場へ向かいます。湯上がりの休憩コーナーがあり、以前入浴した際はサービスの昆布茶をいただきながら寛ぎました。今回はサービスがありませんでしたので、時間帯によるのかも。〈訪問日2019年11月〉
06093012.jpg
吹き抜けになった大浴場は開放感がある造り。浴槽はゆったり広々として打たせ湯が付き、飲泉もあります。泉質はナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉、源泉温度85℃~95℃
20190810_042200075_iOS.jpg20190810_042517116_iOS.jpg
〈喫茶コーナー、お土産に購入〉 湯上がりはロビーで抹茶ミルクジュースを注文して一休み。喫茶メニューは各種ドリンク、ぜんざい・わらびもちなどもあります。嬉野茶を使った丸ぼうろ「茶丸くん」、そら豆を使った「うに豆」なども手軽なお土産です。
03101304.jpg
〈ずい分前に宿泊しました〉 宿泊した際は、趣のある客室で会席料理をいただきました。お土産に買った大正屋オリジナル枇杷紅茶も懐かしくなります。今でもショップには枇杷紅茶は置いてありますが、オリジナルパッケージの販売はないようですね。
03101402.jpg
朝食は名物の温泉湯どうふや茶粥を始め、品数が多い献立でした。チェックアウト時に旅館所有のリムジンで少し離れた駐車場まで送っていただいたことも懐かしい思い出です。
06093017.jpg
〈宿泊者専用 滝の湯〉 滝が流れる見事な庭園を見ながら浸かることが出来る「滝の湯」は、とても落ち着いた雰囲気。「四季の湯」と比べると小さな造りですが、とくに気に入っています。

大正屋 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2276-1
外来入浴時間 12:00~22:00、入浴料金 1100円
以前の記事では、大正屋湯どうふ本舗湯宿清流(宿泊)椎葉山荘(宿泊)をご紹介しています。2023年6月に宿泊した記事もあります。

嬉野温泉 うれしの温泉化粧水 3本セット

嬉野温泉 うれしの温泉化粧水 3本セット

  • 出版社/メーカー: 嬉野温泉(spa-ureshino)
  • メディア:



nice!(95) 
共通テーマ:旅行

nice! 95