SSブログ

耶馬溪ネモフィラ [宇佐・中津周辺の観光&グルメ]

120429042.jpg
大分県中津市は耶馬溪の競秀峰(きょうしゅうほう)・青の洞門・羅漢寺、深耶馬渓の一目八景など、風光明媚な風景が広がっています。競秀峰は一の峰・二の峰・三の峰・大黒岩・妙見岩など8つの巨峰や奇岩群が集まり、秀を競うようにそびえています。
20040470.jpg
山国川をはさんだ対岸に、毎年楽しみにしているスポットがあります。4月中旬頃から5月上旬頃はネモフィラ畑が登場。青の洞門や競秀峰をバックに青い絨毯のように咲き誇ります。以前訪れた様子を少しご紹介いたします。〈訪問日2019年・2020月〉
20040460.jpg
2014年から地域住民の方々や企業が協力してネモフィラを育ててあり、可憐な感じで綺麗ですね。畑の中を散策しながら、ネモフィラ見物を楽しみました。
20040464.jpg
ネモフィラの名前はギリシャ語のmemos(小さな森)と、phile(愛する)から付けられたそう。可憐でブルーが映えていますね。大分県のネモフィラスポットは、大分農業文化公園(大分県杵築市)にも出かけたことがあります。
20040454 (2).jpg
〈ネモフィラソフト〉 ネモフィラ畑そばに建つ「レストハウス洞門」で販売しているネモフィラソフト(350円)を買いました。花のフレーバーが感じられて、美味しいソフトです。
11040342.jpg
〈洞門バーガー〉 地元ブランドの耶馬溪黒豚を使ったパテと、食用竹炭を練り込んだ黒いバンズが特徴。レストハウス洞門はコロナ禍の影響により、2020年12月に閉店しました。おやつやお土産の購入などでも利用していましたので、とても残念です。
20041124.jpg
青の洞門周辺の散策では、耶馬溪橋小谷瀬パン工房、村上からあげ、耶馬の森(手作りハム・ソーセージ)にも寄りました。旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、「中津からあげ お薦め店5選」を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。




nice!(94) 

nice! 94