SSブログ
鹿児島の温泉 ブログトップ
前の10件 | -

霧島国際ホテルに宿泊しました [鹿児島の温泉]

20102275.jpg
鹿児島旅行へ出かけて霧島市にある「霧島国際ホテル」に泊まりました。霧島温泉市場から車で約1分、えびのスカイライン沿いに建つ大きなホテルです。〈宿泊日2020年10月〉
19102886.jpg19102889.jpg
道がカーブする手前にホテルの看板が出ていて、看板横にあさぎりの滝と足湯があります。足湯は白い湯の華がたくさん沈殿して、少し青みがかったような色にも見えます。硫黄の香りが漂い、とても良い湯ですね。泉質は単純硫黄泉、源泉温度68.4℃
20102295.jpg
それではホテルにチェックインしましょう。建物は本館と別館があり、ロビーは天井が高くゆったり広々とした造り。玄関横にプチコンビニがあり、お菓子・芋焼酎・缶ビール・ペットボトルのお茶・アイスクリームなどを販売しています。
20102311.jpg20102312.jpg
〈利用した和室〉案内された客室は本館6階の和室になり、2間続きの部屋はゆったりとして寛げます。踏み込みも広くとられて、ベランダ付き。バス・トイレ(洗浄便座付き)・ミニ冷蔵庫・湯沸かしポットなども置かれています。
20102317.jpg
〈ベランダからの眺め〉 宿の周辺は緑豊かな景色が広がって、遠くには桜島が見える眺望の良さ。昼間の景色もモチロン良いですが、夕陽の頃はオレンジ色の空と桜島が綺麗でした。
20102322.jpg
〈夕陽の頃〉
20102352.jpg
本館大浴場の内湯は広い浴槽・歩行浴・打たせ湯・寝湯・サウナなど。露天風呂にはサンルーム風の泥パック室があります。別館の大浴場にも内湯と露天風呂があり、白濁して硫黄の香り漂う温泉はとても気に入りました。泥パックも楽しく、お肌がツルツルになりますよ。
20102343.jpg
〈湯けむりダイニング〉夕食は18時または19時から選ぶことが出来て、早い時間でお願いしました。案内された食事処は窓が大きく採られて、近くから上がる湯けむりが見えます。
20102328.jpg
夕食のプランは「薩摩華会席」を予約しました。食前酒・小鉢3品・お造り・さつま揚げ・1人鍋などが並びます。卓上で温めてアツアツのさつま揚げ、新鮮なお刺身も美味しいですね。生ビールで乾杯して、鹿児島名物の芋焼酎もいただきました。
20102335.jpg20102337.jpg
〈豚肉やつみれ入りの鍋、かき揚げ・とろろ入りの蕎麦〉
20102338.jpg20102340.jpg
揚げ物は海老・カニ爪・野菜などのフリッターにチリソースがかかっています。さつま汁も出て、フルーツ・ロールケーキ・かんころ餅が盛られたデザートもいただきました。鹿児島の名物グルメが盛り込まれた献立は嬉しいもてなしです。
20102346.jpg
〈和定食の朝食〉 さつま揚げ・豚なんこつ・黒豚みそ・昆布巻さんま・山かけとろろ・湯豆腐など盛りだくさん。サラダのドレッシングが2種類用意してある点も嬉しく、セルフサービスのオレンジジュース・牛乳・珈琲もいただきました。
20102309.jpg20110802.jpg
〈かごしまスイートポテトン〉 売店のお土産から、さつまいもを使ったお菓子をお土産に買いました。しっとりとして芋の風味も良く、友人からも好評でした。

霧島温泉 霧島国際ホテル 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930-12
鹿児島のお土産は旅行情報サイト「LINEトラベルjp」にご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。




nice!(98) 
共通テーマ:旅行

霧島国際ホテルの足湯 [鹿児島の温泉]

19102885.jpg
南九州旅行へ出かけて鹿児島の観光スポットを巡りました。霧島市は温泉が多く、足湯も点在していますので昨年は足湯めぐりを楽しみました。今回は霧島温泉市場から車で約1分、えびのスカイライン沿いに建つ「霧島国際ホテル」の足湯に寄りました。〈利用日2019年10月〉
19102886.jpg19102884.jpg
道がカーブする手前にホテルの看板が出ていて、看板横にあさぎりの滝と足湯があります。前は時々通っていましたが、足湯が造られていることは気がつきませんでした。
19102887.jpg
〈あさぎりの滝〉
19102889.jpg
足湯は白い湯の華が底にたくさん沈殿して、少し青みがかったような色にも見えます。硫黄の香りが漂い、とても良い湯ですね。泉質は単純硫黄泉、源泉温度68.4℃
18102890.jpg
〈まほろばの里〉 ホテルから近い足湯は、霧島温泉市場や焼肉厨房わきもとの足湯霧島観光ホテルの足湯(宿泊)、丸尾自然探勝路にある目の湯にも浸かりました。2019年1月に閉園した「まほろばの里」の足湯も良い湯でした。

霧島温泉 霧島国際ホテル 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930-12
鹿児島のお土産は旅行情報サイト「LINEトラベルjp」にご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

薩摩蒸気屋 かすたどん 16個入り

薩摩蒸気屋 かすたどん 16個入り

  • 出版社/メーカー: 薩摩蒸気屋
  • メディア: その他



nice!(85) 
共通テーマ:旅行

福寿温泉 鹿児島 [鹿児島の温泉]

19102872.jpg
鹿児島県の妙見温泉から霧島温泉へ向かう途中、立ち寄り湯に「福寿温泉」へ。国道223号線沿い、「福寿鉱泉水」の看板から山手に入り、約700メートル進みます。
19102875.jpg
山道を下ると開けた場所に出て、温泉に到着しました。「福寿温泉」と書かれた建物が温泉施設になり、左手には福寿鉱泉水販売所があります。〈利用日2019年10月〉
19102878.jpg
〈建物外観〉
19102881.jpg
浴場はシンプルな造り、シャワー付きのカランもあります。幅1.5メートルほどの浴槽は深めになり、湯は薄い茶褐色をして妙見温泉に似た感じかも。浴場の床などは温泉成分で茶色に染まっています。泉質はナトリウム・マグネシウム・カルシウムー炭酸水素塩泉、源泉温度49.5℃
19102882.jpg
少し熱めの湯に浸かり、湯上がりさっぱりとしました。建物右手に休憩所(1日400円)があり、お弁当など食事持ち込みOKですよと、声を掛けていただきました。野菜なども販売してあり、ほのぼのとする休憩所でしたが、2019年末で閉鎖されたそうです。温泉は引き続き利用できます。

福寿温泉 鹿児島県霧島市牧園町三体堂2306
営業時間 10:00~18:00、入浴料金 200円〈2020年1月現在〉

霧島の福寿鉱泉水 硬水 天然温泉水 シリカ水 2Lペットボトル×10本箱入

霧島の福寿鉱泉水 硬水 天然温泉水 シリカ水 2Lペットボトル×10本箱入

  • 出版社/メーカー: 福地産業株式会社
  • メディア: その他



nice!(98) 
共通テーマ:旅行

平川動物公園 足湯 [鹿児島の温泉]

15101706.jpg
鹿児島観光では平川動物公園を訪れて、広い園内を見て歩きました。前記事まではコアラ、レッサーパンダ、食堂・売店などをご紹介しましたが、最後は園内2ヶ所の足湯を。まずは正面ゲート近くの足湯からご紹介いたします。〈利用日2019年10月〉
14102018.jpg
長い足湯の端には手湯も付いていますので、気軽に温泉を楽しめていいですね。足湯用のタオルを売店で販売しています。動物園に天然温泉の足湯や手湯があるのは温泉大国の鹿児島ならではでしょう。泉質は単純硫黄泉、源泉温度38.7℃
15101721.jpg
足湯と手湯の前にはアフリカの草原ゾーンが広がり、桜島も見えるロケーション。アフリカの草原ゾーンにはキリン・フラミンゴ・ダチョウ・シマウマなどが飼育されています。
14102072.jpg
〈インドの森ゾーンの足湯〉もう1カ所の足湯はインド象が暮らしている「インドの森ゾーン」に造られています。こちらの足湯も長くゆったりとして、気持ちの良い温度です。
19102858.jpg
〈インド象のラウナとアンリー〉 
19102755.jpg
今回は約3時間滞在して園内を見て歩き、足湯で休憩も出来て良かったです。自宅から近ければ年間パスポートを作って、時々訪れたいと思いました。鹿児島のお土産を旅行情報サイト「LINEトラベルjp」にご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

鹿児島市平川動物公園 鹿児島市平川町5669-1
開園時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
入園料 一般(高校生以上)500円、小・中学生100円
前記事まではキリンやカバコアラ(九州で唯一の飼育)レッサーパンダ食堂(コアラカレー・コアラソフト)をご紹介しています。

JA鹿児島県経済連 黒豚ハムセット B-5

JA鹿児島県経済連 黒豚ハムセット B-5

  • 出版社/メーカー: 鹿児島協同食品㈱
  • メディア: その他



nice!(98) 
共通テーマ:旅行

妙見温泉 楽園荘に宿泊しました [鹿児島の温泉]

18102761.jpg
南九州旅行へ出かけて鹿児島県霧島市の妙見(みょうけん)温泉を訪れました。天降川(あまりがわ)沿いに高級な旅館や歴史を感じる湯治宿が建ち、風情あふれる温泉地です。鹿児島空港から車で約15分、JR嘉例川駅から車で約8分の距離になります。
20191024_224401089_iOS.jpg
宿泊施設の中から今回は楽苑荘(らくえんそう)を利用しました。素泊まりの湯治・自炊宿になり、宿泊料金がリーズナブルですので連泊して、鹿児島の観光スポットを巡ることに。
20191024_224523934_iOS.jpg
〈大浴場〉 男女別の浴場があり、どちらも鄙びた雰囲気が漂っています。湯口付近や浴槽のふちなど析出物が多く、朝は湯の表面に温泉成分の結晶が出来ていました。泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウム・炭酸水素塩泉、源泉温度51.6℃
20191024_224531891_iOS.jpg
〈幻のラムネ温泉をブレンド〉 この周辺に湧出していたラムネ温泉(44℃)は効能が高く人気でしたが、いつしか徐々に姿を消したそうです。楽園荘では源泉の配管を修理してラムネ温泉が復活!女性用は50%程度、男性用は70%~90%もラムネ温泉が注がれています。
19102573.jpg
〈離れの客室が点在〉
19102587.jpg19102589.jpg
〈離れに宿泊〉 敷地が広く本館と離れが点在して、今回は本館や大浴場に近い離れを利用しました。和室8畳にキッチン・縁側2ヶ所・トイレ・お風呂付き。冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・鍋・食器なども揃っていますので、自炊にも便利。〈宿泊日2019年10月〉
19102591.jpg
〈離れのお風呂〉 離れの客室は温泉付きですので、好きな時間に温泉を楽しめるのも魅力。滞在中は何度も浸かって、のんびりと湯治を楽しみました。離れはペット同宿もOKだそう。建物前に車が止められますので旅行荷物の移動にもラクですよ。
19102554.jpg
〈看板猫 ゆずちゃん〉 玄関脇でゆずちゃんが出迎えてくれて、この後は敷地内を気ままに歩いていました。妙見温泉には看板猫がいる宿が多く、楽しいですね。昨年の温泉巡りでは田島本館へ、つばめちゃんとすずめちゃんに会いに出かけました。
19102577.jpg
天降川沿いの離れは対岸の安楽温泉が見えます。温泉巡りをしている頃に安楽温泉も巡ったので、懐かしくなりました。翌日からは大隅半島や鹿児島市方面の観光地へ。旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に鹿児島土産のお菓子をご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

楽園荘 鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4363
外来入浴時間 10:00~19:00、入浴料金200円 

しゃぶしゃぶ用 鹿児島産 黒豚肉・肩ロース 700g

しゃぶしゃぶ用 鹿児島産 黒豚肉・肩ロース 700g

  • 出版社/メーカー: 鹿児島黒豚生産者協議会
  • メディア: その他



nice!(104) 
共通テーマ:旅行

川内高城温泉を散策しました [鹿児島の温泉]

19102516.jpg
鹿児島県阿久根市、道の駅阿久根人形岩(奇岩)へ寄った後は、川内高城(せんだいたき)温泉を訪れました。山に囲まれた静かな温泉地に宿が数軒営業し、湯治場の風情漂う建物が残っています。古くは高城温泉と呼ばれて、鎌倉時代の書物にもその名が記されているそう。
19102496.jpg
西郷隆盛氏が滞在して兎狩りや温泉を楽しんだことでも知られ、温泉街入口では入浴姿の西郷さんと愛犬のツンが出迎えてくれます。モニュメントがリニューアルされて初めて来ましたが、以前とはずい分雰囲気が変わりました。〈訪問日2019年10月〉
19102507.jpg
温泉街の端から端まで散策して、途中にあった八木酒店へ寄りました。以前テレビで見たことがありますが、店内の飾り付けがすごいそうです。
19102510.jpg
ご主人が出てこられて、中へどうぞと案内してくださいました。店内は天井から色々な物が吊り下げられて賑やか。その下には地元鹿児島の焼酎が並んでいます。
19102512.jpg
〈芋焼酎 薩摩茶屋〉 焼酎の美味しさに定評がある村尾酒造が作っている「薩摩茶屋」も置かれています。鹿児島のプレミアム焼酎といえば、村尾・森伊蔵・魔王は有名ですね。
19102509.jpg19102513.jpg
蔵の神(山元酒造)と焼酎お湯割りグラスを購入。お湯割り用の目盛りが入って便利ですよ。駐車場の一角には、ほのぼのとした「田の神さあ(タノカンサア)」が祭られています。五穀豊穣を祈る田の神で時々見かけますが、その多くが石で作られています。
10122949.jpg
〈共同場〉 散策の最後は共同湯を訪れました。男女別の浴場はどちらもシンプルな造り。2つに仕切られた浴槽はどちらも熱めの湯が注がれています。湯は玉子臭漂う肌あたり優しい温泉。泉質は単純硫黄泉、源泉温度53.5℃
IMG_7013.jpg
購入した焼酎お湯割りグラスにビールを注いでみると、西郷さんが温泉に浸かっている感じに。気持ちよさそう!自分用の良いお土産になりました。鹿児島のお土産を旅行情報サイト「LINEトラベルjp」にご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。       

川内高城温泉(せんだいたきおんせん) 鹿児島県薩摩川内市湯田町

村尾酒造 薩摩茶屋 芋焼酎 25度 1800ml ■村尾の蔵元

村尾酒造 薩摩茶屋 芋焼酎 25度 1800ml ■村尾の蔵元

  • 出版社/メーカー: 村尾酒造
  • メディア:


nice!(110) 
共通テーマ:旅行

ホテル桃晃に宿泊しました [鹿児島の温泉]

18103149.jpg
南九州旅行へ出かけて4日目、旅行最後の宿泊は出水市にあるホテル桃晃(とうこう)を利用しました。アクセスは九州新幹線出水駅から徒歩約5分の便利な立地。建物内に公衆浴場「桃晃温泉」・食事処・整体・カラオケなどがあります。〈宿泊日2018年10月〉
18103151.jpg18103153.jpg
〈無料の足湯〉 敷地内に足湯があり、無料で利用できます。今回の旅行では足湯巡りも楽しみ、桜島の溶岩なぎさ公園・道の駅たるみず鹿児島空港霧島温泉など、色々な足湯へ。桜島での天然足湯掘りも楽しい思い出です。足湯利用時間10:00~19:00(12~2月は18:00迄)
18103179.jpg
〈公衆浴場〉 サウナ付きの内湯は洗い場も広くてゆったり、L字型の浴槽は1つが水風呂になっています。湯は少しツルツル感があり、よく温まる泉質です。地元の方の利用も多く、サウナが人気のようですね。泉質はナトリウムー炭酸水素塩・硫酸塩泉、源泉温度37.3℃
18103168.jpg
〈利用した客室〉 客室は和室と洋室があり、それぞれシングル・ツインが揃っています。利用した客室(203号)は広さ6畳の和室、バスとトイレ(洗浄機付き)が別々になっています。リラックス出来るチェアも置かれていますので、ゆっくりと寛げました。
18103171.jpg18103166.jpg
こちらの和室を予約した大きなポイントは客室のバスに温泉が引かれている点です。バスタブはゆったりとして、湯はツルツル感が強く、気持ちの良い温泉です。
18103184.jpg
〈無料サービスの朝食〉 館内の食事処「味処 心(じん)」でいただきました。カウンターに料理が並び、数種類の漬物・ふりかけ・海苔なども用意されています。パンは温められるようにトースターが置かれて、ドリンクは野菜ジュースやエスプレッソなども。
18103185.jpg18103186.jpg
〈漬物やふりかけなど、掘りごたつ式の個室〉
18103187.jpg
焼き鯖・筑前煮・磯辺揚げ(さつま揚げ)・ベーコン・フライドチキン・サラダなどを盛り付けました。無料サービスの内容としては十分満足の内容です。
18103190.jpg
朝食を利用した「味処 心」は夕方からは居酒屋として営業していて、郷土料理や創作料理などが味わえるそう。焼き鳥などの串物・山芋鉄板明太子・鶏炭火焼なども美味しそう。
18103192.jpg
九州各地のフルーツを使ったハイボールもあり、天草晩柑・でこぽん・ボンタン(文旦)・びわ・あまおう味など。長島のみかんを丸ごと使った「島みかんサイダー」もオススメ。
18103157.jpg
ホテルフロントで島みかんサイダーと島みかんゼリーを販売していますので、お土産にどうぞ。キュートなハローキティ冷蔵庫には島みかんサイダーが冷えています。カップ麺やお菓子も販売していますので、小腹が空いた時の夜食やおやつにもいいですね。

桃晃温泉 ホテル桃晃 鹿児島県出水市昭和町11ー22
外来入浴時間6:00~22:00(最終受付21:30)、入浴料金370円
旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、宿を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

長島研醸 さつま島美人徳利 35度 [ 焼酎 鹿児島県 720ml ]

長島研醸 さつま島美人徳利 35度 [ 焼酎 鹿児島県 720ml ]

  • 出版社/メーカー: 長島研醸
  • メディア: 食品&飲料



nice!(81) 
共通テーマ:旅行

湯川内温泉 かじか荘に再訪 [鹿児島の温泉]

08071108.jpg
鹿児島旅行へ出かけて、長島観光~出水市の漁亭いわし茶屋でランチの後は、市街地から約5キロメートルの山手にある一軒宿「湯川内温泉 かじか荘」へ。1754年に発見されて島津家御用達の温泉として利用された足元湧出の名湯です。
08071106.jpg
〈風情ただよう湯治棟〉 素泊まりの宿になり、長期滞在で湯治をしてある方も多いようです。以前は食事付きの宿泊も出来て、浴室(温泉)付きの別館に泊まっていた頃が懐かしいです。
08071131.jpg
〈下の浴場〉 日帰り利用出来る浴場は男女別に2ヶ所あり、どちらも湯小屋という素朴な雰囲気です。足元湧出の湯は透明感抜群!硫黄の香りが漂い少しツルツルの肌さわり。源泉温度は39℃、気持ちの良いぬるめ。〈再訪日2018年10月〉
08071129.jpg
広めの浴槽は源泉そのまま、寒い日でも長く浸かるとポカポカと温かくなってきました。奥にある小さな浴槽は加温の上がり湯になっています。日帰りだと入浴客が多いのでなかなか貸切状態になることは少ないですが、宿泊時はゆっくり満喫できました。
10122971.jpg09123104.jpg
《上の浴場》 下の浴場横から階段を上って行くと到着します。こちらの浴場も素朴な湯小屋で私好み。外観はとても鄙びていますが脱衣場などは手入れされています。
08071118.jpg
《男性浴場》 こちらの浴槽も深さがあり大きな石がゴロリと置かれ、石の上に座って浸かるとちょうど良い深さ。下の浴場に比べると浴槽は小さめですがオススメです。
080711251.jpg
《女性浴場》 透明度抜群の湯はとても綺麗、湯量が多く溢れ出た湯がサーと流れていきます。初めて訪れた際、浴槽の下側は男女繋がっていると気づかずに向こう側に足が見えて驚きました。泉質の良さと鄙びた雰囲気がとても気に入っています。

湯川内温泉 かじか荘  鹿児島県出水市武本2060
外来入浴時間 7:00~21:00、入浴料金 300円
以前の記事では宿泊した客室(別館)や食事などをご紹介しています。

破壊王 かめ仕込み 箱入り 芋焼酎 43度 500ml

破壊王 かめ仕込み 箱入り 芋焼酎 43度 500ml

  • 出版社/メーカー: 神酒造
  • メディア:



nice!(83) 
共通テーマ:旅行

紫尾温泉を散策しました [鹿児島の温泉]

18103101.jpg
鹿児島旅行4日目は霧島温泉郷から、さつま町にある紫尾(しび)温泉へ向かいました。紫尾山の麓に位置する紫尾温泉の開湯は1680年頃。紫尾神社の境内から温泉が湧き出ていることから「神の湯」と呼ばれています。〈訪問日2018年10月〉
18103114.jpg
紫尾神社のすぐ横に通りがあり、公衆浴場「神の湯」・特産品販売所「神の湯ふれあい館」・旅館が建っています。神の湯はツルヌルとして良い肌さわり、少し玉子臭が漂う温泉です。
18103115.jpg18103113.jpg
〈足湯、温泉玉子を買いました〉 神の湯ふれあい館では物産品を販売して、小みかん・胡麻・鷹の爪入りの香辛料「ひらめき」もオススメ。来るたびに買っていますが、何と売切れ!この後に寄った物産館で見つけて購入しました。テレビで紹介された影響もあり大人気だそう。
14102401.jpg
〈四季の杜 紫尾庵〉 古くから湯治場としても親しまれてきた紫尾温泉ですが、少し高級な離れ造りの旅館もあります。全ての客室に温泉が引かれた内風呂または露天風呂付き。
14102419.jpg14102441.jpg
〈以前利用した客室、夕食の一部〉 利用した客室「うた」はリビング・ベッドスペース・テラス・内風呂付いてゆっくりと寛げました。旅行情報サイト「トラベルジェーピー」に紫尾温泉と宿(四季の杜紫尾庵と旅籠しび荘)を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
18103103.jpg
〈美冨食堂の温泉〉 紫尾温泉を訪れる度に利用していた温泉があります。美冨食堂の向かいにある建物に温泉浴場があり、以前はあまり知られていない施設でした。いつの頃からか、テレビ等で紹介されるようになり、遠方から訪れる温泉ファンが増えたようです。
10101696.jpg10101709.jpg
〈営業していた頃の美冨食堂、階段をおりて浴場へ〉 食堂の常連客の方と親しくなり、温泉街を案内していただいたことも懐かしい思い出です。
10101710.jpg
浴槽は熱めとぬるめの2つに仕切られて、ヌルヌル感のある肌さわり。昔ながらの素朴な温泉という感じでお気に入りの温泉でした。40年間続けられた食堂と温泉ですが、2018年6月末で営業が終了しました。たいへんお世話になり、ありがとうございました。

かめ壷焼酎 明るい農村 25度 1800ml×三本セット

かめ壷焼酎 明るい農村 25度 1800ml×三本セット

  • 出版社/メーカー: 霧島町蒸留所
  • メディア:



nice!(82) 
共通テーマ:旅行

霧島最古の露天風呂 目の湯 [鹿児島の温泉]

20181026_003158203_iOS.jpg
南九州旅行へ出かけて、鹿児島県霧島市周辺の観光や足湯巡りを楽しみました。旅行4日目はホテルをチェックアウト後、丸尾自然探勝路へ。自然豊かな探勝路コースですが、今回の目的は岩風呂です。丸尾信号からえびの方面へ行って、2つめの探勝路入口から向かいます。
18103058.jpg
入口から山に入って約50メートル進むと、霧島最古の露天風呂と伝わる「目の湯」へ到着。小さな岩風呂になり、湯は透明で温度は少し熱め。
18103064.jpg
〈野趣あふれるロケーション〉 しばらく浸かって足湯を楽しみました。
18103055.jpg
すぐそばを流れる川は硫黄成分で白濁して、通称「川の湯」と呼ばれています。久しぶりに訪れましたが、目の湯と川の湯が健在で嬉しいです。
20181026_003548806_iOS.jpg20181026_003607356_iOS.jpg
〈自生しているきのこ〉 丸尾自然探勝路は霧島屋久国立公園内にあり、霧島温泉郷の原生林をまわる遊歩道になっています。〈訪問日2018年10月〉

霧島市 関平鉱泉水(2ℓ×10)

霧島市 関平鉱泉水(2ℓ×10)

  • 出版社/メーカー: 鹿児島県霧島市
  • メディア: その他



nice!(84) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 鹿児島の温泉 ブログトップ