SSブログ
別府周辺の観光&グルメ ブログトップ
前の10件 | -

別府 やよい通り~竹瓦小路を散策しました [別府周辺の観光&グルメ]

20032150.jpg
大分県別府市観光に出かけて、JR別府駅周辺を散策した後も町歩きを楽しみます。べっぷ駅市場から続いては「やよい通り」を歩きます。駅前通りと流川通りを結ぶ通りになり、屋根が付いたアーケード商店街があります。別府駅からは徒歩約5分、昔はとても栄えていたそうです。
20032152.jpg
通りを歩くと商店街のシンボル「やよい天狗」が目を惹きます。鼻がど~んとのびて大きく、火災厄除けとして造られて、毎年春に開催される温泉祭りでは御輿として活躍するそうです。温泉祭りは以前何度か行きましたが、とても楽しいイベントでした。
20032162.jpg
〈やよいの湯〉 源泉数・湧出量ともに日本一を誇り、個性豊かな温泉が点在する別府温泉郷。別府駅から歩いて行くことが出来る範囲にもたくさんの温泉施設があります。やよいの湯は24時間営業、入浴料金は200円。お手軽に、ひとっ風呂を楽しむことが出来ます。
20032164.jpg
〈足湯も設置〉 散策途中の休憩に足湯(100円)はいかがでしょう。そばにある牛乳の自動販売機には、ゆふいん限定牛乳・のむヨーグルトなども入っています。
11011492.jpg
続いては別府温泉のシンボル的な竹瓦(たけがわら)温泉へ。現在の建物は瓦葺きですが、かつては竹瓦葺きだったのが名前の由来。神社などの向拝などの屋根や軒に多く造られた「唐破風」の造りは威風堂々とした佇まいですね。入浴料金 110円、砂湯1050円
20032170.jpg
〈竹瓦小路〉 竹瓦温泉の道向いにある「竹瓦小路」は、現存している木製アーケードとしては日本最古!かつて旅客船から降りた観光客が港から竹瓦温泉まで、雨に濡れずに行けるようにと、大正時代の1921年に建築されました。〈訪問日2020年3月〉
20032173.jpg
流川通りまで約70メートルを歩きましたが、歴史を感じるアーケードですね。数店舗が営業していて、雰囲気の良いお茶カフェ「ふく茶」、菓子店「塩月堂老舗」があります。入口のカフェ「TAKEYA」では駅弁「別府湾弁当 たみこの夢」を製造販売しています。

別府桜温泉水 500ml ×24本入

別府桜温泉水 500ml ×24本入

  • 出版社/メーカー: 株式会社アオアンドMOM
  • メディア: その他




nice!(92) 
共通テーマ:旅行

JR別府駅周辺を散策しました [別府周辺の観光&グルメ]

20032126.jpg
大分県・別府旅行へ出かけて、JR別府駅周辺を歩いて観光しました。 駅前には手湯が造られて、別府観光の父と称えられる油屋熊八氏の像が建立されています。「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」というキャッチコピーを作り、別府を世間へ大きくPRしました。
20032129.jpg
1928年には亀の井自動車を設立し、日本初の定期乗合遊覧バスとして別府地獄めぐりの運行開始。また日本初のバスガイドが乗車して話題に。そして温泉マークも世間に広めました。油屋熊八氏の像を見るとマントの中に温泉マークが描かれて、小鬼がいたりと楽しいですね。
20032132.jpg
〈手湯のモニュメント〉 手湯の囲いには別府名産の竹細工が使われています。泉質はナトリウムー塩化物泉、源泉温度42.5℃。 別府温泉郷は源泉数・湧出量ともに日本一を誇り、色々な温泉が点在して温泉めぐりも楽しいですよ。この後は別府温泉のシンボル的な竹瓦温泉に行きました。
20032135.jpg
〈別府地獄めぐりのバス〉 別府駅(東口)から1日2便、別府地獄めぐりのバスが出ています。鬼のツノも付いて楽しいバスですね。〈2020年3月現在〉
20032138.jpg
〈発車しました〉海地獄・かまど地獄・地の池地獄・龍巻地獄など、個性豊かな地獄は見応えいっぱいです。かまど地獄を紹介した記事もあります。[soon] かまど地獄へどうぞ。
20032140 (2).jpg20032141.jpg
〈ゆふりん〉 別府と湯布院を約1時間で結んでいる「ゆふりん」も顔が付いて可愛いですね。由布院の「ゆふ」と鉄輪(かんなわ)の「りん(輪)」から名前が付いたそうです。
20032176.jpg
〈別府タワー〉 別府駅から徒歩約10分、国道10号線沿いに建つ「別府タワー」は高さ約90メートル。名古屋テレビ塔、通天閣(大阪)に続いて、日本で3番目に造られた高層タワーになり、1957年完成。展望台は別府市街地が360度見渡せるビューパノラマです。
19090887.jpg19090889.jpg
〈地獄蒸し玉子〉 駅構内のショップで販売している地獄蒸し玉子を買いました。鉄輪温泉にある大黒屋さんが毎朝持ってきてあり、7時頃はアツアツが買えるそうです。
19090884.jpg
駅構内に顔出しパネルが設置されて、美人画に入って記念撮影を楽しみました。この後はべっぷ駅市場へ天使の羽を見に行きます。駅そばの便利なホテルは、旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、別府ステーションホテル西館ホテルスターをご紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

マグマオンセン別府(海地獄) 21包入り

マグマオンセン別府(海地獄) 21包入り

  • 出版社/メーカー: 日本薬品開発
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



nice!(107) 
共通テーマ:旅行

十文字原展望台から明礬温泉へ [別府周辺の観光&グルメ]

20032120.jpg
大分県別府観光に出かけて、「十文字原展望台」へ寄りました。標高約500メートル、大分自動車道の別府インターから安心院方面へ車で約15分。テレビ放送の中継塔が建ち、周囲に広がる草原には陸上自衛隊の演習場があります。〈訪問日2020年3月〉
20032122 (2).jpg
別府湾や別府市街地を一望できて、遠くは四国・佐多岬(中央)も望める眺望です。左上は国東(くにさき)半島、左中央付近は立命館アジア太平洋大学があります。
20032124.jpg
訪れた日は霞が少なくて、関あじや関さばで知られる佐賀関(さがのせき)半島や高崎山もはっきりと見えました。高崎山(標高628メートル)には野生の猿がたくさん暮らしています。以前は高崎山自然動物園を訪れて、さるの寄場を見学しました。
17111758.jpg
以前、別府へ宿泊した際は夜景も見に出かけました。三脚を使わずに手ぶれしてしまい、実際はとても綺麗でしたよ。日本の夜景100選や日本夜景遺産に認定されています。
17102775.jpg
〈明礬湯の里〉 十文字原展望台から別府市街地方面へ下ると、別府八湯の1つ明礬温泉(みょうばんおんせん)があります。明礬湯の里は売店・食事処・湯の花小屋・大露天岩風呂・家族湯(貸切風呂)が点在して、展望喫茶レストランでは、だんご汁やとり天などが人気。
08040432.jpg
〈大露天岩風呂〉 男女別に設けられた大露天岩風呂は乳白色の湯が満ちて湯の華たっぷり。高台に造られて見晴らしが良く、気持ちの良い露天風呂です。
17102773.jpg
〈岡本屋売店〉 こちらも人気の立ち寄りスポットになり、温泉の噴気を使う「地獄蒸し釜」から湯けむりがモウモウと上がっています。名物の地獄蒸しプリンを始め、地獄蒸し塩たまご・地獄蒸したまごサンドイッチ・とり天など、色々な別府グルメが揃っています。
10081229.jpg
私のお気に入りの地獄蒸したまごサンドイッチと、地獄蒸しプリン。旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に岡本屋売店を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

別府温泉 薬用湯の花10袋入り

別府温泉 薬用湯の花10袋入り

  • 出版社/メーカー: 別府温泉
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



nice!(97) 
共通テーマ:旅行

城島高原パーク レストラン [別府周辺の観光&グルメ]

20032069.jpg
城島高原(きじまこうげん)パークは、由布岳と鶴見岳の麓に造られて自然豊かな景観が広がっています。日本初の木製コースター「ジュピター」を始め様々なアトラクションが揃い、キャラクターグッズや多彩なお土産品を販売するショップ、レストランも数カ所あります。
20032090.jpg
レストランの中からランチに「森の食卓」へ向かいました。焼肉バイキングが看板メニューですが、バイキングではない焼肉定食やセットメニューもあります。
20032091.jpg
店内はゆったりとして、仕切りのあるテーブル席も並んでいます。席がたくさんありますので、ファミリーやグループなど人数が多い利用も大丈夫ですね。食べ放題の場合は中学生以上1600円、小学生1100円、幼児(4才以上)600円、時間は60分間です。
200320921.jpg
名物のジンギスカンランチ(1200円)、豚トロ焼肉定食(1080円)、中落カルビ焼肉定食(1280円)、ファミリーセット(3980円)などもあります。ジンギスカンランチは土日祝日限定になりますが、春休みや夏休み期間などは毎日注文出来るそうです。
20032094.jpg20032097.jpg
ジンギスカンランチと豚トロ焼肉定食を注文して、シェアしていただきました。どちらにも焼き野菜・ご飯・キムチ付き。お肉と焼き野菜は一緒に盛られてきました。タレがそれぞれ違い、ジンギスカン用の秘伝タレも美味しいですね。
20032095.jpg
さっそく焼いていただきましょう。ラム肉は柔らかく、豚トロはコリコリの食感。お肉や野菜は思ったより量があってリーズナブルですね。追加メニューもあり、ウインナー(5本330円)やソフトドリンクバー(250円)も良さそうでした。〈利用日2020年3月〉
20032077.jpg
他にもレストランが園内に点在して、不思議の国アリスをモチーフにした建物「アリスのテーブル」はハンバーガー・フライドポテト・イタリアンジェラートなどを販売。
20032078.jpg
〈とり天バーガー〉 大分名物のとり天を使い、お店オリジナルのポン酢・タルタルソースで仕上げています。大分県では鶏肉の天ぷらのことを「とり天」と言い、別府市内にはとり天を提供するお店が120軒以上もありますので、食べ歩きもオススメです。
20032079.jpg
「メアリーアーデンス」は英国カントリー調の農家をイメージするレストラン。とり天定食を始め和食・洋食・麺類・デザートが揃っていますので、ファミレス感覚でどうぞ。
20032080.jpg20032081.jpg
〈とり天定食・とんかつ定食など〉 他にもレストランはピザの店「ハイジの家」やクレープポケットサンドのテイクアウトフードショップなどがあります。 旅行・観光ガイド「トラベルジェーピー」に、別府のご当地グルメスポット7選を紹介しています。ご覧頂けると幸いです。

城島高原パーク 大分県別府市城島高原123
入園料 大人1500円、こども(4才~小学生)600円、シニア(60才~)割引あり
前記事は園内の様子やアトラクションをご紹介しています。

九州銘菓 謎のとり天せんべい(30枚入り)

九州銘菓 謎のとり天せんべい(30枚入り)

  • 出版社/メーカー: 宝物産
  • メディア:



nice!(89) 
共通テーマ:旅行

城島高原パークへ行ってきました [別府周辺の観光&グルメ]

20032112.jpg
大分県別府市にある、城島高原(きじまこうげん)パークへ出かけました。別府市街地や湯布院から車で約15分、広々とした遊園地になり、隣接してホテルやゴルフクラブもあります。多彩なアトラクションが揃っていますので、大人も子どもも満喫出来るスポットです。
20032111.jpg
たくさん揃ったアトラクションを見て歩きましたので少しご紹介します。日本初の木製コースター「ジュピター」は6万本の木材が使われてダイナミック。木製ならではの揺れやきしみがたまらないそうですよ。以前、友人が乗りましたが、とても面白かったそうです。
20032113.jpg
左手は大観覧車「スカイパレット」、右手は40メートルの高さから垂直落下する「ニュートン」。中央の乗物「ポセイドン30」はこの後、高さ30メートルから水面をめがけて急降下します。
20032118.jpg
ポセイドン30を見るスポットとしては桟橋からがイチオシ。急降下後、バシャーンと水しぶきが迫ってくる様子は大迫力です。桟橋中央は濡れないようにガードがあります。
20032115.jpg
桟橋から間近に見たり、少し離れた場所からは全体の様子を眺めて楽しみました。池のまわりにはお子さん連れに人気の「高原列車」が走っていて、ほのぼのとしています。
20032083.jpg
ファミリーで楽しめるアトラクションも多く、メリーゴーランド・ティーカップ・ゴーカート・パットゴルフなどもあります。こうのとりがモチーフになった「ティーカップ」、こうのとりのママがくわえたゴンドラに乗る「スカイメリー」もお子さん連れに人気です。
20032082.jpg
〈動物の乗物〉
20032088.jpg
〈カイトフライヤー隼〉 こちらも人気のアトラクション!うつ伏せの姿勢で回転しながら上下して、ぐるぐるまわります。飛んで飛んで、回って回る~と懐かしい歌が流れていました。
20032102.jpg
〈展望足湯 花草香〉 温泉好きな私にとっての楽しみは足湯も。景色やアトラクションを眺めながら足湯に浸かって休憩しました。88ヶ所の温泉施設を巡るスタンプラリー「別府八湯温泉道」の対象施設になっています。タオルは200円で販売。泉質は単純泉、源泉温度62.9℃
20032072.jpg
ショップにはお菓子や雑貨などたくさんのお土産品が揃っています。大分地獄プリンサンドクッキーはカラメルの風味が良くてザクザクの食感。別府は地獄蒸しプリンも名物ですので以前、別府プリン巡りへ出かけて食べ比べを楽しみました。〈利用日2020年3月〉

城島高原パーク 大分県別府市城島高原123
入園料 大人1500円、こども(4才~小学生)600円、シニア(60才~)割引あり
次記事はレストランをご紹介いたします。




nice!(102) 
共通テーマ:旅行

夕食は亀正くるくる寿司へ [別府周辺の観光&グルメ]

19061445.jpg
大分県別府市へ旅行に出かけて、さわやかハートピア明礬に宿泊しました。夕食は鉄輪温泉近くの国道500号線(九州横断道路)沿いに建つ回転寿司へ。亀正(かめしょう)くるくる寿司は、大分名物の関あじや関さばがリーズナブルに味わえると評判のお店です。
19061453.jpg19061452.jpg
〈カウンター席、注文票〉 食事時間帯は順番待ちが長いため、夕食にはまだ早い16時頃行きましたが、それでも入店待ちが数組!さすが人気店ですね。少し待つと案内されて、テーブル席へ座りました。写真付きのメニューや黒板に書かれたオススメを見ながら、注文しましょう。
19061457.jpg
注文した中から少しご紹介いたします。コリコリとした食感のりゅうきゅう、酢味噌でいただく鱧(はも)は季節限定(各130円)。無料サービスの味噌汁は出汁が美味しい。
19061456.jpg
前回気に入った「ほっきサラダ」(130円・写真は2皿分)は今回も注文しました。身が厚くボリュームたっぷり、これも美味しくて満足です。変わった点といえば、前回まではお茶がパックでしたが、粉茶を直接入れるスタイルに変わっていました。※消費税別
19061458.jpg18022423_edited.jpg
〈太刀魚糸切り、かぼすぶり〉
18022427.jpg
〈関さば〉 お目当ての関あじと関さばは数量限定ですので、すでに売切れ!写真は前回いただいた関さば(380円)です。コリコリとして、また食べたくなる美味しさですよ。

亀正(かめしょう)くるくる寿司 大分県別府市北中7組
営業時間 11:00~21:00(OS20:30)
定休日 水曜日(祝日の場合は火曜日または木曜日に振替)
旅行・観光ガイド「トラベルジェーピー」に、別府でぜひ訪れたい!安くて美味しいご当地グルメスポット7選を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。



nice!(97) 
共通テーマ:グルメ・料理

金太郎 別府 [別府周辺の観光&グルメ]

19090801.jpg
大分県別府市へ1泊2日で出かけました。ランチはとくに決めていませんでしたので、JR別府駅へ向かう途中、暖簾が出た食事処を見かけて寄りました。JR別府駅から徒歩約8分、ホテル白菊の隣に佇み、道向かいに別府公園があります。
19090802.jpg
和の風情漂う「金太郎」は寿司店になり、ランチ営業が14時30分まで利用出来るので便利ですね。玄関にメニューが出ていなかったためランチ料金を尋ねたところ、リーズナブルな定食や海鮮丼などもあると伺い、入店しました。〈利用日2019年9月〉
19090805.jpg19090806.jpg
店内にはテーブル席が並び、落ち着いた雰囲気。お寿司は並(10貫)880円から、海鮮丼も880円からあり、まぐろづくし・活魚づくし(各1380円)も良さそうですね。単品で注文出来るお寿司は1皿140円から種類豊富に揃っています。※消費税別
19090814.jpg
家族はお昼のセットから刺身定食(1000円)を注文。日替りの刺身盛り・煮物(煮魚)・小鉢(もずく酢)・茶碗蒸し・甘味などが付いて、良いボリューム。茶碗蒸しはとても滑らか、出汁も美味しい。甘味としてプチケーキが付いていました。上刺身定食(1400円)もあります。
19090817.jpg
私が注文したうどんセット梅は寿司1人前とミニうどんが付いて、500円の格安!刺身定食と同じように、お寿司のネタも日によって内容が変わるそうです。普通サイズのうどんセット桜は980円。日曜日に利用しましたが、土日祝日もリーズナブルなランチがあるのは嬉しい。
19090810.jpg
〈メニューの一部〉 ランチだけでなく、通常メニューもリーズナブルですね。ミニちらし(550円)もあり、海鮮ちらし・鮭といくらの親子ちらし・いくらちらしの3種類が揃っています。活魚の旨みがたっぷり出た、活鯛味噌汁・活平目味噌汁(各280円)なども良さそうですよ。
19090809.jpg

金太郎 大分県別府市青山町7-63
営業時間 12:00~14:30、18:00~20:30、定休日 火・水曜日

豊後牛入りスパイシーカレー:180g×4人前【別府料亭百膳の夢】

豊後牛入りスパイシーカレー:180g×4人前【別府料亭百膳の夢】

  • 出版社/メーカー: 三洋産業
  • メディア: その他



nice!(99) 
共通テーマ:旅行

関あじ関さばの郷 佐賀関食堂 トキハ別府店  [別府周辺の観光&グルメ]

19090847.jpg
大分県・別府旅行へ出かけて夕食は、トキハ別府店の「湯けむり横丁」を利用しました。フードホールにはレストラン東洋軒(とり天)・六盛(手のべ冷麺)・佐賀関食堂・うどんの政太郎など、大分のグルメが味わえる店が入り、フルーツカフェやドリンクの店もあります。
19090861.jpg
〈別府天丼〉「関あじ関さばの郷 佐賀関食堂」は大分県産の新鮮な食材を使ったメニューが楽しめて、家族は別府天丼(1200円)を注文。海老3本・とり天・青魚・レンコン・オクラ・かぼちゃなどが盛られてボリュームたっぷり。外側がカリッと中がふんわりの海老天も美味しい。
19090863.jpg19090865.jpg
〈ボリューム満点の天丼、関の海鮮箱〉 私が注文した関の海鮮箱(1200円)は蓋をした箱に入っています。何が入っているかワクワクしながら蓋を取りましょう。
19090868.jpg
〈関の海鮮箱〉 毎朝、佐賀関から運ばれる関あじを始め、豊後水道で水揚げされた天然の魚介が詰まって、パプリカやプチトマトなど彩りが綺麗ですね。サザエはとてもコリコリ、ぷりぷりのたこは歯ごたえが良く、ワカメもコリコリです。
19090870.jpg
ブランド魚「関あじ」はコリッとしています。関あじ・関さばの本場「佐賀関」は以前行ったことがありますが、景色が良くて食事も良かったです。旅行・観光ガイド「トラベルジェーピー」に、関あじ・関さばの本場「大分市佐賀関」グルメと絶景ドライブの旅をご紹介しています。
19090859.jpg
メニューは他にも、サラダ仕立てのりゅうきゅう丼(1100円)、関あじフライ定食(1800円)、関さばコロッケカレーライス・関あじコロッケカレーライス・お子様ランチ(各800円)など。手軽にご当地グルメが味わえて、オススメです。

トキハ別府店  大分県別府市北浜2-9-1
営業時間 10:00~21:00(東館は19:00まで)




nice!(92) 
共通テーマ:グルメ・料理

オニパンカフェ別府店 [別府周辺の観光&グルメ]

19090911.jpg
大分県別府市へ出かけてJR別府駅周辺を散策して、「べっぷ駅市場」を訪れました。青果・鮮魚・精肉・惣菜・薬局・フラワーショップなどが並び、ベーカリー&カフェもあります。
19090912.jpg
木の温もりあふれる外観「オニパンカフェ」は湯布院に本店があります。由布岳の麓、塚原高原にあり、天然酵母パンを製造販売している人気のベーカリーです。
19090914.jpg
〈雰囲気のよい店内〉 塚原高原の本店から毎日運ばれてくるパンが並び、購入したパンは2階のカフェスペースでいただくことも出来ます(ドリンクのオーダー要)。夕方訪れましたので、棚に並べられたパンは売切れも多くて少なめでした。〈利用日2019年9月〉
19090918.jpg19090919.jpg
鬼の角の形をしたクレセント、ラム漬けのドライフルーツ・ローストクルミ・クリームチーズ入りのフルーツミックスも人気。ダッチメロンパンや桜あんぱんなどもあります。
19090917.jpg
おやつに購入したシナモンカレンズ(180円)はシナモンの風味が効いてパリパリの食感。シュガーラスク(200円)は少し日持ちがするので、自宅へ帰ってからいただきました。

オニパンカフェ別府店 大分県別府市駅前本町9-20べっぷ駅市場内
営業時間 12:00~17:00、定休日 火・水(祝日は営業)
大分県由布市にあるオニパンカフェ 塚原本店を訪問した記事もあります。

デイプラス 天然酵母パン ミックス 12入り

デイプラス 天然酵母パン ミックス 12入り

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: その他



nice!(95) 
共通テーマ:旅行

べっぷ駅市場を散策しました [別府周辺の観光&グルメ]

19090874.jpg
大分県別府市へ出かけて、JR別府駅周辺を散策しました。駅前には2019年9月から開催のラグビー・ワールドカップ(W杯)を記念して、ラグビー型の巨大砂時計を設置。その横には別府観光の父といわれる油屋熊八氏の像があり、ラガーシャツを着用しています。
190908771.jpg19090878.jpg
〈手湯〉 別府温泉郷は源泉数・湧出量ともに日本一を誇り、個性豊かな温泉が点在して温泉めぐりも楽しいですよ。駅周辺にも温泉があり、列車の待ち時間にひとっ風呂もいいですね。
19090901.jpg
別府駅そばのホテルに宿泊して、夕食前に駅周辺の町歩きを楽しみました。まず向かった先は高架下に造られた「べっぷ駅市場」へ。入口まで駅から徒歩約1分と便利な立地です。
19090903.jpg
久しぶりに訪れましたが、以前と変わっていない雰囲気で嬉しくなりました。青果・鮮魚・精肉・惣菜・薬局・フラワーショップなどが並んでいます。シャッターが閉まっている所も多いですが、営業しているお店は活気がありますね。〈訪問日2019年9月〉
19090905.jpg
〈巻き寿司が有名な野田商店〉 夕方にいったため商品はほとんど売切れでした。
19090907.jpg
〈刺身もリーズナブル〉 別府の旅館や食事処は海鮮料理が美味しいですが、鮮魚店の刺身も新鮮で美味しそう。天然鯛・ヒラメ・地たこ・太刀魚・カンパチなどが並び、どれもリーズナブル。駅市場で購入した商品をすぐに食べることが出来る休憩所が設けられています。
19090908.jpg
〈大分名物「りゅうきゅう」もあります〉 りゅうきゅう丼をご紹介した記事もあります。旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、別府でぜひ訪れたい!安くて美味しいご当地グルメスポット7選を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
19090911.jpg
〈オニパンカフェ〉 市場を奥に進んで、道を渡って次のお店へ。まだ続いていましたが、オニパンカフェまで行って駅に戻りました。オニパンカフェは湯布院の塚原高原に本店があり、行ったことがあります。別府にも店があると知ったので楽しみに訪れました。
17102571_edited.jpg
オニパンカフェの隣、シャッターに天使の羽が描かれています。インスタ映えする天使の羽は、人気の糸島(福岡県)以外でも見る機会が多くなり、楽しいですね。
19090909.jpg
撮影スポットもあり、楽しいべっぷ駅市場散策でした。次記事以降はオニパンカフェ夕食(関あじを使った海鮮丼、とり天などを使った天丼)をご紹介いたします。




nice!(91) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 別府周辺の観光&グルメ ブログトップ