SSブログ
佐賀市の観光&グルメ ブログトップ

えひめあやめ 佐賀 [佐賀市の観光&グルメ]

21032932.jpg
佐賀県小城市の小城公園須賀神社へ行った帰り道、「えひめあやめ自生地入口」の案内板や幟を見かけて寄りました。細い道をどんどん進んで行って少し不安になりましたが、案内係の方に誘導していただいて無事に駐車場へ到着しました。
21032967.jpg
佐賀市久保泉町の帯隈山(標高約150メートル)の麓に、えひめあやめ(アヤメ科の多年草)が自生しています。毎年3月末頃~4月初め頃が見頃になり、えひめあやめまつりが開催されています。
21032940.jpg
1925年に「えひめあやめ自生南限地帯」として国内の自生地5ヶ所が国の天然記念物に指定されました。こちらはその1つになり、一時期は自生数が激減!その後、地元の方々が続けられてきた保全活動によって、現在は1,000株以上に増えているそう。
21032948.jpg
日当たりの良い傾斜地にポツポツと咲いている青紫色の花が「えひめあやめ」です。高さは15~20センチメートルほど。ゆっくりと観察しましょう。
21032952.jpg
密集して咲いている様子はブーケのようですね。初めて訪れましたが、可憐な花が咲く素敵なスポットです。また来年も見に訪れたいと思います。〈訪問日2021年3月〉
21032953.jpg

えひめあやめまつり 佐賀県佐賀市久保泉町
2021年は3月26日~4月4日、開催時間9:00~16:30(最終日は16:00まで)
前記事までは小城市の小城公園須賀神社をご紹介しています。桜が見頃で綺麗でした。

エヒメアヤメ―自生地の保護と増殖 (みやざき文庫 17) (みやざき文庫 (17))

エヒメアヤメ―自生地の保護と増殖 (みやざき文庫 17) (みやざき文庫 (17))

  • 作者: 吉本 正義
  • 出版社/メーカー: 鉱脈社
  • 発売日: 2002/12/28
  • メディア: 単行本



nice!(87) 
共通テーマ:旅行

東よか干潟ビジターセンターに行ってきました [佐賀市の観光&グルメ]

20103149.jpg
佐賀市東与賀町の東よか干潟そばに、ひがさす(東よか干潟ビジターセンター)が2020年10月、オープンしました。東よか干潟は、とくに水鳥の生息地として国際的に重要な湿地として「ラムサール条約」に登録されています。ムツゴロウやトビハゼの姿も見ることが出来ます。
20103120.jpg
〈展示室 ひがたの旅〉 センター内は展示室・シアター・研修室などがあり、干潟や干潟に暮らす生き物について分かりやすく紹介されています。野鳥は年間を通して100種類以上を見ることが出来て、シギ・クロツラヘラサギ・ズグロカモメ・ツクシガモなども飛来しています。
20103125.jpg
見た目が怖い感じの生き物は有明海に生息する「わらすぼ」(ハゼ科)です。鋭い歯を持ち、その姿から有明海のエイリアンと呼ばれています。穴をのぞいて巣穴標本を見たり、上を見上げて面白い仕掛けを楽しまれてくださいね。
20103132.jpg20103129.jpg
〈シチメンソウ、椅子はムツゴロウのマンホール〉
20103135.jpg
〈記念撮影スポット〉 野鳥の群れや干潟の生き物たち、干潟の四季を映像で紹介する「ひがたのシアター」、ワークショップなど多目的に利用出来る研修室も備えています。
20103109.jpg20103110.jpg
ひがさすショップでは物産品を販売して、珈琲とアップルジュース(各100円)をいただきながら休憩しました。ボランティアの方々のもてなしに寛げるひとときです。
20103115.jpg
〈ひがさすショップ〉 シギの恩返し米・佐賀海苔・ふりかけ・のり天・佐賀丸ぼうろ食べ比べセットなどが置かれています。〈訪問日2020年10月31日〉
20103111.jpg20103107.jpg
〈テラス席もあります〉
20103139.jpg
〈ひがたのパノラマ展望台〉 高さ18メートルの展望棟からは見晴らしが良く、干潟や有明海、田園風景が広がる佐賀平野が一望できる眺め。双眼鏡も設置されています。
20103147.jpg
外側に展望デッキがぐるりと造られていますので、外に出て風景を眺めました。有明海の向こうには雲仙も見えて、見晴らし抜群ですね。訪れた10月末はちょうどシチメンソウが紅葉して、たくさんの方が訪れてありました。
20103142.jpg
〈干潟よか公園側の眺め〉公園内には大型遊具・芝生広場・草スキー場・じゃぶじゃぶ池などがあります。展望台から降りた後は、シチメンソウを見に行きます。
20103168.jpg
〈シチメンソウの群生地〉 海の紅葉と呼ばれる塩生植物「シチメンソウ」が自生しています。時期によって七面鳥のように色が変化することから、その名前が付きました。
20103173.jpg201031781.jpg
〈干潟でムツゴロウを見つけました〉
20103153.jpg20103156.jpg
〈シチメンソウまつり〉 出店が並んでいて、佐賀牛と白石玉ねぎを使ったコロッケ、白石れんこんを使ったメンチカツを購入。おやつに美味しくいただきました。

ひがさす 東よか干潟ビジターセンター 佐賀県佐賀市東与賀町大字田中2757-4
開館時間9:00~17:00、休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)、入館料 無料
旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、「佐賀の名物グルメ5選」を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。




nice!(100) 
共通テーマ:旅行

三重津みやげ ホスムスカモス [佐賀市の観光&グルメ]

20060719.jpg
ランチやスイーツがお得に楽しめるランチ巡りBOOK佐賀Vol.19を購入して、掲載店から佐賀市川副町にある「三重津みやげ ホスムスカモス」へ。お店へ行く前にすぐ近くの三重津海軍所跡に寄りました。明治日本の産業革命遺産(8県・23資産)として2015年に世界遺産に登録。
20060726.jpg
三重津海軍所は幕末の時代、長崎の警備を強化するために佐賀藩海軍の拠点として、訓練や藩所有船の整備や建造が行われました。洋式船の修理用ドック(船渠)としては現存する国内最古になりますが、木材で造られた護岸遺構を風化から守るため、地中に埋め戻されました。
20060731.jpg
実物を見ることが出来ないのはとても残念ですが、VR機器でCG映像を体験することが出来ます。佐野常民記念館1階(入場無料)にあるドーム型シアターで三重津海軍所の紹介を見ましたが、とても迫力がある映像で当時の様子がよく分かりました。みえつSCOPの貸出もあります。
20060736.jpg
〈三重津みやげ ホスムスカモス〉記念館から徒歩約1分、駐車場は店舗横または佐野常民記念館駐車場を利用出来ます。「干したもの、蒸したもの、醸したもの」をテーマにセレクトした佐賀の特産品を販売して、カフェメニューもあります。
20060739 (2).jpg
〈お菓子も揃っています〉
20060741 (2).jpg20060740.jpg
〈ラーメン各種・わらすぼの丸干し〉 エイリアンそっくりな顔の「わらすぼ」、むつごろうは有明海の珍味。びっくり&楽しいお土産は喜ばれますね。
20060745.jpg
アイスワッフルは10種類以上(220円~)あり、熊本和栗&マロンクリーム、大分かぼす&ゆずクリームを選びました。ワッフルは生地がもっちり。〈利用日2020年5月〉
20060748.jpg
タピオカドリンク・アイスコーヒー(各400円)、濃厚で美味しいソフトクリーム(250円)もあります。ランチ巡りBOOKでお店を知り、三重津海軍所跡も初めて訪れました。

三重津みやげ ホスムスカモス 佐賀県佐賀市川副町早津江470
営業時間 10:00~17:00
定休日 月曜日・不定休
 
夜明茶屋 ポリポリわらすぼ

夜明茶屋 ポリポリわらすぼ

  • 出版社/メーカー: やまひら
  • メディア: その他



nice!(86) 
共通テーマ:旅行

神野公園 隔林亭を利用しました [佐賀市の観光&グルメ]

20062028.jpg
佐賀市にある神野(こうの)公園へ出かけて、睡蓮池(とんぼ池)・小動物園・こども遊園地をまわった後は、隔林亭へ向かいました。多布施川の清流をひいて池を造成した日本庭園は広々として、四季折々の風景が楽しめます。
20062034.jpg
神野のお茶屋隔林亭は佐賀藩十代藩主、鍋島直正公の茶室「茶雨庵」として今から200年近く前、1846年に建てられました。佐賀の迎賓館的な役割も果たし、国内外の著名人が来訪。直正公は教育にも力を入れて、多くの優秀な人材を育てられたそうです。
20062037.jpg
明治維新後は持ち主が幾人も変わり、その後解体されて歴史に幕を閉じました。現在の茶室は当時の資料をもとにして復元が行われて、1993年に完成。
20062042.jpg
〈とても趣きがある建物〉
20062044.jpg
趣きのある茶室を拝見して、穏やかな気持ちにになりました。茶道・華道・俳句・琴など団体利用(有料)も出来るそうです。
20062057.jpg20062052.jpg
抹茶呈茶(お茶菓子付き・1席300円)の案内があり利用しました。池そばに座りましたが吹き抜ける風が涼しく、風景を眺めながらいただく抹茶は落ち着きます。
20062060.jpg
〈佐賀七賢人の干菓子(箱入りは販売品)〉 呈茶には干菓子も付いて私は鍋島直正公、家族は江藤新平氏(日本で最初の法務大臣)をいただきました。他には大隈重信氏(早稲田大学を創設・総理大臣を経験)、佐野常民氏(日本赤十字社を創設)なども。
20062045.jpg
対岸には神野のお茶屋が見えて、良い眺めですね。池を見ると大きなスッポン(体長約40センチメートル)が泳いでいます。スタッフの方に伺うと、まだ大きいサイズのスッポンが主だそう。私が見たスッポンはナンバー2のようです。〈利用日2020年6月〉
20062051.jpg
神野公園(こうのこうえん) 佐賀県佐賀市神園4丁目1
抹茶呈茶の時間 10:00~12:00・14:00~16:00
前記事では公園内の様子をご紹介しています。

有田焼 CtoC JAPAN お好み碗セット 02-156246

有田焼 CtoC JAPAN お好み碗セット 02-156246

  • 出版社/メーカー: CtoC JAPAN
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(93) 
共通テーマ:旅行

佐賀市 神野公園を散策しました [佐賀市の観光&グルメ]

20062005.jpg
佐賀市へ出かけた際に、神野(こうの)公園へ寄りました。多布施川の清流をひいて池を造成した日本庭園、睡蓮池(とんぼ池)や展望台を設けた洋式庭園、小動物園やこども遊園地もあり、家族連れに人気の公園です。とんぼ池には睡蓮が咲いて、とんぼが数種類飛び交っていました。
20062011 (2).jpg20062006 (2).jpg
〈撮影日2020年6月〉
20062015.jpg
公園は入園料無料、駐車場も無料で完備していますので気軽に利用出来て便利ですね。広い園内を歩いてきましたので施設を少しご紹介いたします。
20062016.jpg
〈小動物園〉 大きなバードケージ、そのまわりに幾つかケージがあり、うさぎや鳥類が飼育されています。可愛い動物たちは見ていて癒されますね。
20062022 (2).jpg20062019.jpg
〈カンムリウズラ、クジャクバト〉 ウズラの中でも美しいカンムリウズラは頭の黒い冠羽が特徴。全長は24~26センチメートル、原産国はアメリカ。
20062024.jpg
〈神野のお茶屋〉 こちらの公園は元々は佐賀藩十代藩主、鍋島直正公の別邸として1846年に造られて、神野のお茶屋と呼ばれていたそう。1923年には公園として開放されて、佐賀市が整備・管理しています。開放後、約100年もの間、地元の方に広く親しまれています。
20062025.jpg
〈水路沿いにも色々な木々が植えられています〉
20062065.jpg
〈こども遊園地〉こちらも入園料は無料なのが嬉しいですね。小さなお子さま連れで遊べる乗物(有料)が色々とあり、スカイダンボやフロッグジャンピングも楽しそう。ジェットコースターが苦手な私ですが、こちらにあるミニジェットコースターは怖くありません。
20062067.jpg
〈ミニジェットコースターも楽しい〉
20062072.jpg
SL(汽車)も走っていて楽しい公園ですね。この後は、園内にある「隔林亭」を訪れて抹茶をいただきながら休憩します。〈訪問日2020年6月〉

神野公園(こうのこうえん) 佐賀県佐賀市神園4丁目1
こども遊園地営業時間 9:30~17:00(季節により変更となる場合あり)
休園日 火曜日(雨天時等、天候により臨時休園あり)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まんえい堂 神野店
20061319.jpg
神野公園そばにある店舗へおこわを買いに寄りました。まんえい堂はおこわ・おはぎ・総菜などを製造販売。本店は佐賀県神埼市にあり、店舗は佐賀県を始め九州各地にあります。
20061322.jpg
店頭に並んでいる数種類のおこわから、山菜おこわと栗おこわを購入。今回は佐賀エリア72店舗のランチやスイーツがお得に楽しめる「ランチ巡りBOOK佐賀Vol.19」を利用しました。

まんえい堂 神野店 佐賀県佐賀市神園3丁目2-3
営業時間 9:00~18:30、定休日 火曜日




nice!(93) 
共通テーマ:旅行

干潟よか公園に行ってきました [佐賀市の観光&グルメ]

20072479.jpg
佐賀市にある九州佐賀国際空港へ出かけた際に、近くにある「干潟(ひがた)よか公園」に寄りました。JR佐賀駅から車で約30分、有明海の東よか干潟沿いに造られています。海の向こうには雲仙も見えて見晴らしが良く、海岸堤防に設置された望遠鏡で野鳥などを観察しました。
20072481.jpg
こちらの東よか干潟は、特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地として「ラムサール条約」に登録されています。年間を通して100種類以上の野鳥を見ることが出来て、シギ・チドリ・クロツラヘラサギ・ズグロカモメ・ツクシガモなども飛来しています。
20072483.jpg
大雨の後に行きましたので海水が茶色に濁っていましたが、たくさんのトビハゼを見ることが出来ました。近付くとピョンピョンと跳ねて逃げていくトビハゼが多いのですが、石の上でじっとしているトビハゼも。有明海にくらす生き物を間近で観察出来て楽しいスポットです。
20072485.jpg
〈撮影日2020年7月〉 体長は10センチメートル前後が多く、赤ちゃんトビハゼもいて可愛いですね。頑張って成長してね~!
17110416.jpg
〈シチメンソウの群生地〉 海の紅葉と呼ばれる塩生植物「シチメンソウ」が自生して、11月頃には赤く色付きます。時期によって七面鳥のように色が変化することから、その名前が付きました。2017年に訪れた時は赤い絨毯のように広がっていました。
17110402.jpg17110403.jpg
〈シオマネキ、むつごろう〉 11月上旬は「シチメンソウまつり」が行われて、干潟でくらす生き物が紹介されていました。〈撮影日2017年11月4日〉
20072489.jpg
公園内には大型遊具・芝生広場・草スキー場・じゃぶじゃぶ池・東よか干潟ガイダンスルーム(干潟の魅力を紹介する施設)などがあります。
20072491.jpg
〈じゃぶじゃぶ池〉
20072493.jpg
〈顔出しパネルで記念撮影〉 東よか干潟ガイダンスルーム入口にはクロツラヘラサギとムツゴロウの顔出しパネルがあります。
20072478.jpg
2020年10月にオープン予定の「東よか干潟ビジターセンター」が建設中。高さ18メートルの展望棟からは有明海や佐賀平野が一望できる眺めになるそう。観光や環境学習の拠点となる展示棟も出来るそうですので完成が楽しみですね。愛称は「ひがさす」に決まりました。

干潟よか公園 佐賀県佐賀市東与賀町下古賀2885-2
前記事では九州佐賀国際空港をご紹介しています。オープンした東よか干潟ビジターセンターをご紹介した記事もあります。
旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、開運と縁結びの稲佐神社(佐賀県白石町)を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。

日本鳥類図譜

日本鳥類図譜

  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2020/06/17
  • メディア: 単行本



nice!(99) 
共通テーマ:旅行

九州佐賀国際空港 SNSで話題のエレベーターを見に [佐賀市の観光&グルメ]

20072501.jpg
SNSで話題になっているエレベーターがある九州佐賀国際空港へ向かいました。のどかな風景が広がる佐賀市川副町の干拓地に造られて、1998年に開港。数カ所ある駐車場は全部で約1600台とめることが出来て、駐車料金が無料なのも利用しやすいポイントです。
20072504.jpg
噂のエレベーターはこちらのエレベーターのようですね。3階でエレベーターを降りると通路がなくて真っ逆さま!とSNSで紹介されていましたので、3階へ行ってみます。
20072508.jpg
わぁ、本当に通路がありません!でもご安心ください。実はこちらのエレベーターは使われていなくて、解体予定だそう。隣に新しいエレベーターが完成しています。
20072509.jpg
ガラス越しに見ると怖さは感じませんが、下を見ると高さがあり怖いですね。想像した感じとは少し違いましたが、期間限定のエレベーターを見ることが出来て訪れた甲斐がありました。久しぶりに来たので空港内も見てお土産を買いましょう。〈訪問日2020年7月〉
150711012.jpg150711242.jpg
〈顔出しパネルで記念撮影、自動販売機コーナー〉 施設には展望デッキ・フリードリンク付きの有料待合室・自動販売機コーナー・レストラン・売店などもあります。
20072516.jpg
〈展望デッキから離陸の様子を眺めました〉
20072514 (2).jpg
〈お土産の中から〉 売店には佐賀を始め九州のお土産品がたくさん揃っています。有明海の珍味「むつごろう」を使った丸干し、むつごろうがパッケージのふりかけも楽しいお土産です。
20073103.jpg
自家製醤油ダレに漬け込み、姿のまま乾燥した「むつごろう 丸干し」はビックリな見た目ですが、味はいいですよ。そのまま食べることが出来ますので、手軽なおつまみとしてもオススメ。
18080910.jpg18051128.jpg
〈エイリアンシリーズ〉ビックリな見た目といえば、エイリアンと呼ばれる「わらすぼ」もインパクトがあります。エイリアンラーメンの記事もあります。

九州佐賀国際空港 佐賀県佐賀市川副町犬井道9476-187
以前の記事では空港内のレストラン「カンフォーラ」をご紹介しています。
旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、「佐賀の名物グルメ5選」を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。
夜明茶屋 有明海 むつごろう甘露煮

夜明茶屋 有明海 むつごろう甘露煮

  • 出版社/メーカー: やまひら
  • メディア: その他

nice!(93) 
共通テーマ:旅行

パティスリー シュシュ 佐賀市 [佐賀市の観光&グルメ]

20061340.jpg
ランチやスイーツがお得に楽しめるランチ巡りBOOK佐賀Vol.19を購入して掲載店から「PATISSERIE Chou Chou(パティスリー シュシュ)」へ行ってきました。JR佐賀駅から車で約6分、同じ敷地内に系列店のベーカリー「ムーラン・ルージュ」があります。
20061343.jpg
素敵な雰囲気の店内にはショーケースに多彩なケーキ・クッキーシュー・エクレア・プリンなどが並び、カラフルなマカロンも種類豊富です。
20061348.jpg
フルーツロール・巨峰のショート・苺のタルトなど果物を使ったケーキ、チョコがふんだんな夢チョコも美味しそうですね。家族が好きなモンブランケーキもあります。
20061347.jpg20061349.jpg
〈苺のタルト、渋皮モンブラン・シュシュ〉 手軽なケーキから色々と揃っていて、デコレーションも丁寧な印象を持ちました。〈利用日2020年6月〉
20061345.jpg20061350.jpg
〈フルーツロール、ゆめ咲レーズンサンド〉
20061354.jpg
爽やかな高原や里山が広がる佐賀市三瀬(みつせ)で平飼いされて、のびのびと育った鶏の卵「三瀬夢卵」を使った「ゆめ咲プリン」や「三瀬バウム」も人気のスイーツです。 
20061355.jpg
幾重にも層を重ねた三瀬バウムはしっとりとして良い風味。ゆめ咲プリンはとてもなめらか、ほろ苦いカラメルも私好みです。どちらも甘さ控えめ、美味しくいただきました。焼き菓子もたくさん揃って贈り物に良さそうですよ。店舗はモラージュ店もあります。
20061344.jpg

PATISSERIE Chou Chou(パティスリー シュシュ)ゆめ咲本店 佐賀県佐賀市兵庫北7丁目1-47 1F
営業時間10:00~20:00、定休日なし




nice!(100) 
共通テーマ:グルメ・料理

麦キッチン 佐賀市 [佐賀市の観光&グルメ]

20062073.jpg
佐賀県佐賀市へ出かけて、長崎自動車道佐賀大和ICから車で約20分のサガシティホテルへ向かいました。JR佐賀駅からは徒歩約2分、佐賀観光の拠点としても便利な立地です。
20062075.jpg
ホテル1階にある「麦(ムギ)キッチン」を利用しました。外観はカフェのような雰囲気ですが、自家製麺&秘伝だしを使ったうどんを始め、定食メニューも多彩に揃う食事処になります。
20062078.jpg20062080.jpg
〈落ち着いた雰囲気の店内〉 カウンター席・テーブル席が並び、座敷席もあります。ほうじ茶(セルフサービス)が用意されている点も嬉しいサービス。うどんメニューは、かけ(360円)、ざる(400円)、ごぼう天(510円)、うどんランチ(630円)など色々とあります。
20062086.jpg
家族が注文した牛ステーキ膳(900円)は鉄板に盛られて熱々で運ばれてきて、サラダや玉子スープも付いています。和風ソースの風味も良くて美味しいですね。
20062087.jpg
牛ステーキ膳は佐賀エリア72店舗のランチやスイーツがお得に楽しめる「ランチ巡りBOOK佐賀Vol.19」掲載メニューになり、本を持参して500円の支払いになりました。通常料金900円でもお手頃ですが、500円はとてもお得だと思います。〈利用日2020年6月〉
20062091.jpg
私は週間イベントメニューが気になり、たらいうどん・海老天(1尾)・俵おにぎり付きのセットを注文しました。揚げたての海老天はふわっとして、ボリュームの良いセットです。今回のセットは500円のサービスになり、こちらもお得ですね。
20062082.jpg
2020年夏メニューのぶっかけうどんも美味しそうですよ。お店人気メニューのベスト3は、第1位は魚ロッケ定食(600円)、第2位はカツ丼定食(760円)、第3位はえび野菜かき揚げうどん(550円)だそう。安くて美味しいメニューが多彩に揃っていてオススメです。

麦キッチン(むぎきっちん) 佐賀市佐賀駅前中央1-7-31 サガシティホテル1F
営業時間 11:30~14:30、17:00~20:30
定休日 日曜・祝日、駐車場あり(20台)
旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、「佐賀の名物グルメ5選」を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。




nice!(95) 
共通テーマ:グルメ・料理

ランチ巡りBOOK佐賀 第19弾 [佐賀市の観光&グルメ]

20060702.jpg
佐賀エリア72店舗のランチやスイーツがお得に楽しめる「ランチ巡りBOOK佐賀Vol.19」を購入しました。通常650円~1,500円が本を持参すると500円(税込)になります。以前「ランチ巡りBOOK 久留米・鳥栖」を利用したことがありますが、佐賀エリアは初めて利用します。
20060706.jpg20060712.jpg
利用期間は2020年6月1日~8月31日まで、1冊につき1名の利用になり期間中1回利用できます。巡ったお店から少しご紹介いたします。1軒目は佐賀市兵庫南にある「にくにく屋あうら」へ。テーブル席や個室席などがあり落ち着いた雰囲気の居酒屋です。
20060714.jpg
本掲載のメニューは、がっぱいステーキ丼セット(通常900円)です。ドリンク(ウーロン茶または炭酸水)付きなのでお手軽ですね。ロゼカラーのお肉は山葵でいただいても美味しく、特製ダレもよく合います。
20061302.jpg
イオン佐賀大和店のフードコートにある「siesta-丼匠(シェスタ・どんたく)」からは、えびづくし丼+冷やしミニぶっかけセット(通常990円)が登場。からっと揚がった海老天5尾がのり、冷やしうどんはツルツルの喉越し。ボリュームたっぷりのランチです。
20062087.jpg
JR佐賀駅前、サガシティホテルにある「麦キッチン」の牛ステーキ膳(通常900円)もお得ですね!鉄板に盛られて熱々で運ばれてきて、サラダやスープも付いています。自家製麺のうどん、定食メニューも種類豊富に揃っていますので、また利用したいと思います。
17090318.jpg
神埼郡吉野ヶ里町にあるみつせ鶏本舗では、どぶ漬けから揚げと鶏飯おにぎり(通常821円)が対象メニュー。どぶ漬けから揚げは希少部位「とりトロ」をからっと揚げて、甘辛い特製タレに「どぶっ」と!味がよくしみています。
20070809.jpg
佐賀市鍋島町(佐賀中央青果市場隣)にある「インド料理ヒマラヤ」では日替りカレー(ドリンク付き・通常850円)をいただきました。自家製ヨーグルトも使ったナンは炭火焼き釜でふっくらと焼き上げ。ドリンクはウーロン茶またはラッシーを選べます。
20061354.jpg
スイーツ店から佐賀市兵庫北にある「PATISSERIE Chou Chou(パティスリー シュシュ)」へ。ゆめ咲プリンのプレーン味5個(通常864円)が本掲載のメニューです。三瀬夢卵を使ったゆめ咲プリンはとてもなめらか、ほろ苦いカラメルも良い風味。三瀬バウムもオススメです。

ランチ巡りBOOK佐賀 第19弾 本の有効期限は2020年6月1日~8月31日まで。
土日祝に利用できる店やテイクアウトOKの店も多いので便利です。少しずつランチ巡りに出かけて周辺の観光も楽しみたいと思います。

旅行情報サイト「LINEトラベルjp」に、「佐賀の名物グルメ5選」を紹介しています。ご覧いただけると幸いです。




nice!(105) 
共通テーマ:グルメ・料理
佐賀市の観光&グルメ ブログトップ